借りやすい消費者金融

ブラックで借りることは可能か?

過去7年以内の間、自己破産や特定調停などの債務整理をして借金を整理した人は、信用情報センターのブラックリストに登録されています。

信用情報センターは主に銀行系、信販系、消費者金融系、外資系に分かれていますが、ブラック情報は共有されていますので、仮に別の金融会社の審査を受けたとしても、審査に通ることは絶対ありません

0全ての金融に対応
消費者金融一覧

何しろ借金を焦げ付かせていますので、貸金業者から見れば信用はゼロということになります。そんな信用のない人間にお金を貸すような業者は、皆無と考えて良いでしょう。

もしも借りれるとすれば、保有するクレジットカードの商品枠を使って現金化をすると、少し危険ですが貸金業に登録していない闇金融業者を探すかになります。闇金融業者はその名のとおり、違法業者ですので絶対手を出さないようにしましょう。

消費者金融によって審査基準が異なります

借り入れ審査の基準は各金融会社毎に相違します。大手や銀行系の名の通った金融機関ほど審査基準は厳しくなり、借り入れ件数が4件以上ある多重債務者や年収の三分の一以上の借金のある総量規制対象者などは、審査に通りません。

0

中小の信販会社になると、いくぶん審査基準も甘くなり、借り入れ件数が4件前後でも融資が可能なところもあります。ただ、前述したようなブラックの人間は審査で落とされてしまいますので、審査を受けるだけ無駄になりますので注意をして下さい。

一番審査の甘い消費者金融は、中小より更に下、ネット広告に細々と掲載されている名もない街金融です。街金融は一見、闇金融と間違われてしまいそうな怪しさが漂っていますが、所轄の都道府県に貸金業として登録されている業者ですので、安心です。

上限金利を守っているでしょうし、もしも利息制限法を守っていないようなら、金融庁なりに抗議をするとよいでしょう。

0

審査に通るためには

消費者金融の借り入れ審査に通るためには、まず審査項目を知っておかなければなりません。いくら借りやすい金融会社といえども、審査項目も知らずに申し込みをすれば、借りれるものでも借りれなくなってしまいます。

0

審査項目で重要なことは、毎月定期的に収入のあてがあること、仕事に就いていることが絶対条件になります。無職や失業状態にある方は、100%審査に通りませんので承知しておいて下さい。

次に、現在の借金の額が年収の三分の一以下であること。それ以上債務があるようだと、総量規制の対象になりますので、大手や中小の消費者金融では借りれません。

また、過去に自己破産をしてブラックリストに登録されている方なども同様に、審査を通過することは不可能です。以上の項目に該当しない方ならば、審査に通るでしょう。自信のある方は、金利の低い銀行系の消費者金融から申込みましょう。

おすすめ

ネットで申込み

一昔前までは、消費者金融会社の窓口まで出向いて、融資の申込みをしていました。面倒ですし、審査に落とされた日には恥ずかしくて穴があったら入りたい心境に陥ったものです。

また、虚偽の申告をしてバレてしまった瞬間、目の前で契約書を破られてしまった人も少なくないはずです。しかしネットの普及で現在ではwebサイトから簡単に申込みをすることが出来ます。

0

勤務先の在籍確認と本人の所在確認はありますが、顔を知られることなくお金が借りれるシステムは、借金をする側にとっては貸り易いといえるでしょう。

たとえ審査で落とされても、窓口審査とは違い、腹立たしさはあるものの恥ずかしい思いをしなくて済みます。自宅のPCやスマホ、あるいは携帯電話のモバイルから簡単クリック操作で申込みが可能です。

借入件数5件以上の場合

他社からの借入件数が5件以上にもなると、多重債務者と認識されてしまいますので、新規借入をしようとしてもローン会社から警戒の目で見られてしまいます。毎月の返済が苦しいことは誰の目にも明らかで、その返済のための借入をしようとしているのも容易に想像できるからです。

こういった行為を自転車操業と呼びますが、自転車操業を繰り返しているうちに借金がますます膨らんでしまい、挙句の果てには自己破産に帰結することも金融業者は承知しています。

したがって、そういった多重債務者への審査は普通のサラリーマンとは違って、とてもシビアなものになります。大手や中堅どころの消費者金融ではまず審査に通りませんし、審査が甘いと評判のローン会社であっても、そう易々とは融資を実行しないでしょう。

日本消費者金融協会

日本消費者金融協会(JCFA)とは、国内の消費者金融の正常な発達を図り、消費者経済に寄与し、併せて業界の健全な発展と会員の福祉を増進することを目的に設立された任意団体で、消費者金融専業者を会員とします。全国貸金業協会連合会とは親睦関係にあります。

日本消費者金融協会は1969年に消費者金融専業者11社によって設立されました。当時は高度経済成長期にあり、そういった社会情勢の中で消費者金融業界も大幅な発展をしていましたが、それとは対照に問題点も多く、高金利による貸付や厳しい取り立て行為などで、社会から大きなパッシングを受けていました。

また、当時は無秩序に金融業者が増加していたこともあり、消費者金融業界の健全な発展を目指して設立されたのです。


最終更新日 2017/8/17

消費者金融の豆知識