事故情報

ブラックリスト

国内では四つの消費者金融信用情報機関が設置されています。サラ金や銀行系、信販会社などから金銭を借りたり、カードを使用して商品を購入した場合にその利用者のデータや支払い状況が端末に登録され、管理されることになります。このような消費者に関する情報を管理しているのが消費者金融信用情報機関です。

借入の返済日が一日でも遅れたりすると、とたんに消費者に関する情報としてインプットされてしまいます。

1.(株)シーアイシー 信販系の情報センターが中心となりメーカー系が加わって設立されたもの。

2.全国信用情報センター サラ金業界が設立した機関。

3.個人信用情報センター 銀行協会の中に作られた信用情報機関で、金融機関と銀行系クレジット会社が参加。

4.(株セントラル・コミュニュケーション 外資系消費者金融信用会社によって設立されたもの。

クレジットのトラブル

クレジットで商品を購入しようとしたら心当たりがないのに断られてしまったというトラブルがあります。ブラックリストに掲載されてしまっているというのです。

以前はこのような場合に信用情報機関に問い合わせても回答してくれませんでしたが、現在は法律によって開示請求をすれば応じなければならない義務が生じています。

また、開示請求をして情報が事実と異なっている場合にはその情報の訂正・削除を申し立てることができ、信用情報機関はただちに調査してその結果を本人に知らせ、訂正削除に応じなければなりません。

個人情報登録機関

金融機関から借入した利用データや支払状況等は、全て個人情報登録機関に登録管理されています。そこで、長期に渡り返済が滞るなどの契約違反情報、債務整理、調停、自己破産等の事故情報が、今後金融業者が被害を受けないために登録されます。

そして、各金融機関がお金を貸さなくなった状態のことが、俗に「ブラックリストに載った」と言われています。載る事のないように、きちんとした返済が必要です。気をつけましょう。

また、実際に借りていなくても、キャッシングの申込みをした段階で信用情報には、一定期間載ります。短期間のうちに8社も10社も連続で申込みすると、「申し込みブラック」と判断され、審査に通りにくくなりますので注意しましょう。

逆に個人信用情報のうち返済事故を起こしていない通常の情報を「ホワイト情報」といいます。

信用情報の開示請求

また、お借り入れを複数していてご自身の信用情報が気になる方は、ご自身の情報の開示を求めることが出来ます。各サービスでお借り入れの約款に記述された情報機関を確認し、それぞれにおいて、ご自身の情報の開示請求をすることで、ご確認することができます。

各サイトで機関の住所と営業時間をご確認の上、印鑑と身分証明書を持参して行きましょう。基本的には無料でご確認できますが、数百円の料金を徴収する場合もあります。

サイト運営会社

連絡先