返済

返済に困ったら

不況やリストラなどの理由で減収になったり、失業して収入が無くなって住宅ローンが払えなく
なったり、カードを使用して買物をしすぎたり、キャッシングのしすぎで返済能力をオーバーし
たというときに、逃げ出したり、借金を放りっぱなしにしておくと、ますます危険な状況に陥り
ます。

銀行やサラ金、カード会社などからの借金には必ず利息がつきますから、借金が雪だるま式に加
算されてしまうからです。返済が遅れると損害金(遅延金)を徴収されたり、担保を処分された
り、挙句には差押さえをされてしまいます。

ですから、月々の返済が出来なくなったり、苦しくなった時は、何をさておき、一刻も早く専門家
に相談して借金を整理する必要があります。

0

借金の整理

自分の資産を処分してでも借金を一度に全部返済してしまうのがベストですが、それは中々出来
ることではありません。できれば司法書士や弁護士に全てを任せてしまうことが安全で確実な方
法だといえます。

借金の整理は、任意整理であれ自己破産であれ、その手続きは専門的であり、債権者との交渉は
債務者が直接するよりも弁護士がしたほうがスムーズに進みます。

更にもっといいことは、専門家に依頼すると、悪質でしつこい取立てが来なくなることです。弁
護士に知り合いがいなければ、市区町村の法律相談や各地の弁護士会を利用することです。

弁護士を頼むと高くつく、と思われていますが、相談料は30分で5000円から一万円、また自
己破産の申し立てから免責までの費用は50〜60万円が一般的です。これくらいの金額で借金が
整理できれば安いものでしょう。