クレジットカード

カード加盟店の管理

消費者金融の加盟店管理は見た目ほど容易ではありません。加盟店は消費者金融会社にとって消費者と並んで重要な顧客なのはいうまでもなく、クレジットの販売促進は加盟店を通じて実施されることから、個品割賦購入斡旋の場合一般的だからです。

クレジットカードの場合、消費者が一枚のクレジットカードを選択して店頭で提示して決済しますから加盟店は消費者がどの消費者金融を選択するかに関与することは不可能なのです。

ところが個品割賦購入斡旋の場合、どの会社と消費者が契約するかを加盟店が決定することが可能です。このような背景を基に思考すると、加盟店管理といっても限界があります。

ただし、消費者トラブルの多い加盟店と契約しているクレジット会社は社会的にも批判の対象となり、ひいては会社の存続すら危ぶまれてきます。そこで消費者金融会社では、まず解明店契約を締結する段階で、その会社の経営が安定しているか否かの調査を実行します。

これはどのような商取引でも実施されることですが、殊に消費者金融会社は過去に消費者トラブルが多く発生していなかったかどうかを点検します。消費者トラブルを発生させながら企業を存続させているというのはやはり異状であるからです。

0

取り立て業務

次に、契約の継続期間中に売り上げの動向や、同様に消費者トラブルの状況を点検してきます。つまり不正な売り上げによって販売を向上させていないか、といったことを常に観察します。

また、消費者トラブルにお動向にも注意を払います。消費者金融会社には、加盟店に関する部門、消費者に対する信用供与に関する部門、消費者相談に関する部門など多くの業務部門が存在しますが、これらの部署が各自連携をとりながら加盟店調査に取り組んでいます。

また、加盟店管理は社内だけでは必ずしも正確に示されない部分も存在します。つまり、ある消費者金融会社に対しては、問題のないクレジット契約を送付しておき、あるクレジット会社に対しては少々問題のあるクレジット契約も送っているようなケースです。

このような場合、それぞれのクレジット会社が正確に加盟店の状況を把握できなくなってしまいます。そこで消費者金融業界では加盟店総合情報交換制度を発足させてクレジット会社相互の情報交換を通じて加盟店管理システムを向上させています。

支払い遅延の理由

クレジットのシステム間の新規信用供与額の移り変わりは、時代を象徴していますね。自社方式や月賦方式が主流だった時代から現在では非割賦によるカードが最も大きなシェアを占めているようです。

そもそも日本における販売信用のルーツとは、江戸時代末期に伊予国(愛知県)桜井村の人々が始めた「椀舟」商法と定義されています。同地には「わが国クレジット発祥地」ちおう石碑が立てられています。

サイト運営会社

連絡先