取り立て

支払いの督促

現在の日本経済では、不況と低成長経済の下で、昔ほど収入の伸びも期待できないため、消費者金
融を上手く利用して、毎月の月給とボーナスの額を見込んだ範囲内でやりくりをしています。もは
や現在の日本において消費者金融はなくてはならない存在となっているのです。

しかし、消費者金融にとったら、顧客の支払い能力と支払う意思を判断し、与信して始めてその機
能が成立するのですが、消費者金融会社が与信した後、中には消費者の経済環境の変化等により契
約通りの支払いが継続されないケースも少なくありません。

そこで必要になってくるのが取り立て業務です。

取り立て業務

しかし、取立て業務だからといってむやみやたらに貸付金を取り立てるかというとそうではあり
ません。

契約通りに支払うことの出来ない消費者に対して、支払いを促し、更に入金されない場合はどの
ような理由で支払いが滞っているかを調査し、遅滞状況に応じて顧客にどのように支払いを継続
してもらうかなどをアドバイスしていくのが本来の取立て業務といえるでしょう。

0

支払い遅延の理由

支払い遅延の理由はいくつか考えられます。一つはうっかりミス、これは顧客に支払うミスがあっ
てもついうっかり忘れてしまって支払いが遅延してしまうことです。支払いの遅延理由で一番多い
のがこのうっかりミスによるものです。

二つめは、契約をよく理解していなかったというミスです。日本人は比較的契約というものを簡単
に考える傾向にあります。「一回くらい支払いが遅れたって問題ないだろう」といった独りよがり
の思考です。こういった理由で支払いが遅延する顧客も存在します。

三つめは、支払い困難な事由が発生してしまうことです。当初こそ契約通りに支払っていた顧客も
、契約期間が長期にわたると不慮の事態が発生したりして予定通りに支払えなくなる場合があります。

具体的には、勤務していた会社の倒産や解雇による失業、病気や怪我による入院などです。これら
の事由が発生した場合は、消費者金融会社に現在の状態を説明して対応することが必要です。

サイト運営会社

連絡先