サラ金

サラリーマン金融とは

サラリーマン金融はその発祥は団地金融にあるといわれています。団地の主婦相手に小口の貸付を行ったのが始まりです。一時、庶民金融ともいわれていましたが、現在は消費者金融というのが一般の呼称です。

この名称の変化にも現れているように、サラ金業界は大きく成長しました。特にここ数年続いている低金利・金あまり状況による低利の資金調達を背景に、大手消費者金融業者は株式市場で店頭公開するまでになりました。

また、無人契約機なども登場し、利用者も増加していきました。

取り立て業務

しかし、サラ金は銀行の融資に比べ、手続きも簡単で規制内であれば無担保・無保証で現金を手に出来ますがその反面、高金利と支払いが滞った場合の厳しい取立てが待っています。

つまり、高金利と厳しい取り立てでリクスがカバーされているのです。貸金業改正法によって金利が抑えられ、かつてのような厳しい取立ても規制されるようになりましたが、まだ不十分です。

利用する前に、家族や友人から借りることはできないか、公的融資を受けることが出来ないか、検討されたほうが得策といえるでしょう。

0

支払い遅延の理由

消費者としてサラリーマン金融を利用するにあたり、次の点に注意しましょう。

  1. 本当に今、サラ金から借金をする必要があるのかどうか。
  2. 返済の目処を考えて借りる。
  3. 借りるサラ金業者が登録業者で貸金協会の会員であるかどうかの確認。
  4. 利用業者の件数はできるだけ少なくする。
  5. 利用額は可能な限り少なめに。
  6. 契約書・領収書の交付を受け、よく読むとともの保管しておく。
  7. どうしても必要で借りた場合は早めに返済をする。

サイト運営会社

連絡先